お嫁入り道具 訪問着と色無地どちらを着たら良いの?

 

今回も、お嫁入り道具についてお話します。

過去2回でお嫁入り道具についてお話しましたね。

  • 喪服が必要かどうか?

お嫁入り道具について 黒紋付(喪服)

  • お嫁入り道具の訪問着について
    訪問着と付け下げの違いについて

お嫁入り道具は訪問着・付け下げが必要?訪問着と付け下げの違いは?

今回は、嫁入り道具について最後になります。

訪問着と色無地のT・P・Oと色無地について

ご結婚した後の着物を着るシーンに合わせて、
最適なお着物をご紹介しますね。

  • 結婚後のご挨拶廻り

よほど格式を重んじるか、
地域の名士や資産家以外はご挨拶廻りはしないと思います。

もし、ご挨拶廻りやお披露目をするのであれば、
それなりのお宅ということで、訪問着がお薦めです。

主役はお嫁さんなので、華やかに着飾ったほうが良いです。

  • 身内の結婚式に出席する場合

自分や相手の兄弟の結婚式に出席することもありますね。
身内として結婚式に出席するなら、黒留袖、色留袖です。
裾模様の訪問着を色留袖のように着てくださいね。

白い重ね衿を付けて、留袖用の白の帯揚、留袖用の帯締、末広です。
長襦袢は、喪服の白い長襦袢を着ます。
半衿は白の無地が基本ですが、白地に白、金、銀の刺繍でも良いです。
豪華な刺繍や色柄がある半衿は避けてください。

よくある間違い

色留袖には、白い長襦袢を着ますが、
ピンクなど訪問着用の長襦袢を着ている人がいます。
これは絶対に止めてくださいね。

留袖用の長襦袢がない場合は、喪服の長襦袢で良いです。

  • お友達や知り合いの結婚式の披露宴に出席する場合

披露宴はパーティーですから、訪問着ですね。
色留としてきた時は、留袖用の小物を使いましたが、
訪問着として着る場合は、色物の小物を使用します。

重ね衿、帯揚、帯締は着物に合わせた色物です。
半衿も白の無地ではなく、
刺繍が入った豪華な半衿や薄い地色の半衿でも良いですね。

帯から上に着物の柄がないので、豪華な半衿や重ね衿で
アクセントを付けると良いです。

  • お宮参り・七五三

ご結婚後、最初に着物を着る機会は、お宮参りが多いと思います。

まだ、赤ちゃんなので大変かと思いますが、
記念ですからぜひ着物を着てください。

七五三でもお子様と一緒に着物を着てくださいね。
お宮参り、七五三とも、主役はお子様なので、
お母様は色無地がお薦めです。

それぞれの行事で家族写真を撮っておくと良いですよ。

  • 入卒式

幼稚園の入園卒園、小学校、中学校の入卒式など色無地で良いです。

しかし、入卒は連続していますから、
同じ着物で嫌だと思ったら、付け下げを新調したら良いですね。

付け下げは柄がスッキリしているので、
訪問着ほど仰々しくなく、入卒式に向いています。

例えば、卒業式は、学校に感謝の気持ちを込めて色無地を着ます。
入学式は、新しい出会いや成長を期待して付け下げを着ます。
季節的にも入学式は桜が咲く春なので華やかな着物が良いですね。

お嫁入り後、お着物を着る機会を考えると結構ありますね。

着物は、古典柄なら流行もなく、何十年も着られます。
保存さえ良ければ自分の子供にも譲れます。

儀式や行事の時は、ぜひ着物を着てくださいね。

お嫁入り道具の着物の内容

  • 裾模様の訪問着(色留袖の訪問着仕立て)

裾模様の訪問着が見つからない場合は、
色留袖を訪問着仕立てにすれば平気です。
家紋は、通常背中に一つ紋です。

  • 色の長襦袢

ピンクなどの色の長襦袢があったほうが良いです。
訪問着として着る場合に必要です。

  • 袋帯

吉祥文様の織の袋帯です。
着物に合った色柄格を選びましょう。

  • 喪服(黒紋付)

冬夏の着物、長襦袢、帯6点

冬の長襦袢は、色留袖の時に着られます。

  • 色無地

地紋がある色無地が一般的です。
背に一つ紋を入れましょう。

縫い紋、描き紋、染抜紋があります。
白生地から染める場合は、染抜紋です。
染まっている生地で仕立てる場合は、縫紋がお薦めです。

色無地に使う帯は、訪問着の帯を兼用しても良いですね。

  • 小物

帯締、帯揚、重ね衿、草履バッグが必要です。

訪問着と色無地は同じ系統の色で作ると、小物は共通で使えます。

結婚後に作りたい着物

お子さんが小学校か中学校に入学する頃に、
付け下げを作ると良いですね。

それでは、お薦めの色無地をご紹介しますね。

楽天市場の色無地専門店です。

仕立てる前に現物を確認できるので安心です。
種類も豊富でお値段もお店で買うよりお安いですね。
色無地を作るならお薦めのショップです。

高級な唐織の色無地ですが、お買い得なお値段になっています。


着物ならあらゆる商品を扱っている楽天市場最大級の「京都きもの市場」もお薦めです。

白生地の高級ブランド「伊と幸」の色無地です。
伝統工芸士や有名作家が使う高級生地です。

 

色無地は、利用範囲が広いので一枚持っていると良いですよ。

2024年4月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930