夏着物のコーディネート

夏帯&小物のコーディネートと夏の便利小物について

夏の着物には、八寸名古屋帯が締めやすくて、おススメですね。
市販されている商品の数も多く、
手頃なお値段の商品から高級品まであるので、ご予算に合わせて選べます。

夏の八寸名古屋帯

おしゃれ着用は、ポリエステルのお手頃な商品から、
正絹の紗のもじり織、羅織があります。

どの帯も、カジュアル、おしゃれ着用で小紋、夏大島、夏結城など夏の織物にも締められます。

八寸名古屋帯でも絽綴れは、小紋から色無地、付け下げなどセミフォーマルまで締められますよ。

夏の九寸名古屋帯

絽の染め帯と麻の染め帯があります。絽の染帯九寸名古屋帯は、小紋、色無地、付け下げに最適です。麻の染帯九寸名古屋帯は、麻や紗などの織の着物が中心ですね。透ける素材の九寸名古屋帯は、他の素材でもありますが、商品量は八寸名古屋に比べると少ないですね。

夏の袋帯

夏のフォーマルには、絽の袋帯が最適で、商品量も多いです。白地が多いですが、金地や黒地もあります。
色地はどんな色にも合わせやすいので、一本あると重宝しますね。

白地の着物には、金地や黒地の袋帯もステキです。黒地の着物には、金地の袋帯が豪華ですね。

小物

小物は全て夏用の小物を使用します。

  • 絽の帯揚げ
  • 羅織りの帯締め
  • 夏用の草履
  • 夏用のバッグ

便利小物

  • 麻混の足袋
  • クール素材のメッシュの刺繍足袋
  • 麻入り半衿
  • クール素材の半衿
  • メッシュの帯板
  • クール素材の下着類、着物用、ゆかたワンピース

夏の着物 織物

夏大島紬

夏大島は、本場鹿児島産の商品は数が少なく貴重です。
十日町で織っている物が、値段が手頃で商品量もあります。
本場鹿児島の旗印証紙が無い物は、ほとんど十日町で織れらています。
基本的には機械織りになります。

夏結城紬

夏結城は、本場結城で作っている商品が多いです。
その場合は、結城紬の証紙が貼ってあります。
手頃な価格の商品から高級品までありますが、
違いは手織りか機械織りかです。
一般的に出回っている商品のほとんどは機械織りになります。

その他の夏織物

その他、いろいろな産地で夏物はごく一部作っています。
くるまやという小千谷の織物屋さんでも夏物をごく僅か作っています。
本松煙染めや柿渋染めなどこだわりの商品です。

麻の着物について

小千谷で作っている「小千谷縮み」は麻のお着物ですが、
値段も手頃で商品量も豊富にあります。

麻のきものデビューにおススメです。

その他の麻の着物は、上布です。

上布は名前のごとく上等な布という意味で、昔から高級な素材でした。

重要無形文化財である「越後上布」「八重山上布」「宮古上布」は数百万で取引される商品で
一般の方には、何かチャンスが無いと見ることも出来ない商品です。

能登上布はお値段が手頃でしたが、今は年々価格が高くなっている着物の一つです。

というのは、今や能登上布を作っているのは、
たった一人の職人さんだけになってしまったからです。

いずれなくなってしまう可能性が高い夏織物なので、
手にする機会があったら、じっくり見てくださいね。

2024年4月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930