カジュアルのお店なのに、なぜ、付下げを勧めるの?

 付下げをお勧めする3つの理由とは?

銀座きものティロワールは、カジュアル中心のお店です。

だから、フォーマルのお着物や帯はあまり仕入れていません。

でも、これから年末年始、ちょっとおしゃれをして出掛けたい時には

紬や小紋じゃなくて「付下げ」が一番似合いますよ。

付下げもカジュアル着物として、どんどん着ましょうね。

銀座ティロワールのターゲット

 

1.スッキリした柄が気軽なパーティーやお食事会にピッタリ!

訪問着では仰々しい、小紋や紬ではテンションが上がらない、色無地ではもう一つ、

そんな時には、「付下げ」がピッタリです。

柄がスッキリしているので仰々しくなく、華やかさにテンションが上がりますね。

キレイ系の地色にスッキリとした柄付けが美しく、気軽なお食事会でも浮かないですよ。

新作付下げ

 

2.帯でカジュアルダウン出来るのも嬉しい

付下げはフォーマルの帯を締めれば、結婚式や豪華なパーティーもOKです。

でも、名古屋帯やおしゃれ袋帯を締めれば、カジュアルダウンして気軽なお食事会や銀ブラでもOKです。

帯を変えてカジュアルにしたり、フォーマルにしたり、自由自在です。

街着に着られる着物のラインナップに付下げも入れてくださいね。

カジュアルだけどオシャレ感を楽しみたい時にピッタリです。

付下げ用袋帯

 

3.帯が合わせやすいのも付下げのメリットです

付下げは、訪問着ほど柄にボリュームが無いスッキリした着物なので、帯もとても合わせやすいです。

まさしく、着物一枚帯三本というように、帯が合わせやすく、帯で変化して、帯で着る場所が変わります。

また、帯が引き立ち、帯によって着物も引き立つので、帯選びが楽しい着物です。

帯を選んだら、帯締め帯揚げなど小物の組み合わせも楽しめますね。

帯や小物選びに自分のセンスを発揮することが出来るのも、付下げの良い所です。

新作付下げと訪問着

 

お勧めの付下げは?

最近の傾向としては、薄い地色のキレイ系に人気があります。

白、ピンクベージュ、薄いクリーム色などがお勧めですね。

薄いエメラルドグリーンや薄いターコイズブルーなどもキレイですね。

 

柄は、古典柄よりもモダンな柄、幾何学模様やスッキリした花柄がお勧めです。

価格も付下げなら、新品を購入したとしてもそんなに高くはありません。

上質な商品でもお仕立て上げて20万円台で購入出来ます。

 

 

白生地から付下げをオーダー

気に入った色や柄が見つからない場合は、白生地から染めるのも良いですね。

白生地からオーダーするなんて、高くて無理!と思っている方もいるかもしれませんが、

普通の付下げよりも少しプラスするくらいで出来ます。

白生地を好きな色に染めて、柄をどうするかで価格が変わります。

 

柄は友禅か刺繍がお勧め

柄は手描き友禅か、刺繍がお勧めです。

友禅は京都の職人さんに、刺繍は東京の江戸刺繍の職人さんにお願いします。

花柄などイメージが明確にある人は友禅がお勧めです。

イメージが無かったら貴女の誕生花を描いてもらっても良いですね。

 

手刺繍でもスッキリした柄なら、思ったよりもお安くできる可能性がありますよ。

刺繍は友禅ほど柄が目立ちませんが、高貴で豪華な美しさがあります。

 

白生地から選んで貴女の好きな色に染めて、

柄も職人さんが貴女のために描いたり、刺繍したりして作るなんて、夢があって素敵ですね。

 

白生地からオーダーしたら予算は?

手刺繍でも手描き友禅でも

この世に一つ、貴女だけの付下げが20万円台でオーダーできます。

なぜこんなにお安くできるのかというと、当店は職人さんと直接取引しているからです。

ほとんどのお店は、問屋さんを通じて職人さんに作ってもらいます。

だから、問屋さんの利益分高くなるのです。

職人さんによっては、問屋さんが2軒以上入る場合もあるようです。

 

安さの秘密は?

当店は、江戸刺繍も京友禅も、職人さんと直接契約しています。

ですからお安く出来ますし、直接やり取りするので要望などを伝えるのもスムーズです。

白生地は丹後の織元から直接仕入れています。

無地染めは京都の職人さんに直接頼んで染めてもらっています。

このように全て問屋を介さず取引しているので、相当お安くできるのです。

 

私の願いは

着物を着たい人が安心して買えるお店。

買って喜び、売って喜ぶ。笑顔が絶えないお店。

 

着物を通じて、幸せを感じて欲しい、そんなお手伝いをしたい。

良い物を適正価格より少しでもお安く提供して、満足してもらいたい。

 

買う喜び、着る喜び、褒められる嬉しさ、手に入れた満足感、

そんな感情を着物を通じて味わって欲しいと思っています。

 

着物を通じて、貴女に幸せを感じてもらえるようにお手伝いいたします\(^o^)/

 

 

 

 

 

2022年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930