着物を着てどこに行くの?普段着を勧める理由は?

着物でお出掛けのススメ

昔の人が日常的に着ていた着物は、今は「特別な日にしか着ない」という女性が増えていますね。

私自身は着付けや日舞を習っていたので日常的に着る機会がありましたが、
よく顔見知りの人に「今日は何かあるんですか?」「夜のお仕事をされているんですか?」と聞かれることが多く戸惑いました。

けれど着物は普段着として出掛けると、じつはとっても便利なアイテムなのですよ。

 

そもそも着物を着てどこに着て行くの?

  • お花見

梅や桜、あじさい祭りが毎年2月末7月にかけてから各地で開催されますね。

郷土の森 梅まつり(東京都府中市)

2017年2月4日(土曜日)~2017年3月12日(日曜日)

町田薬師池公園 四季彩の杜 薬師池 桜(東京都町田市)

4月上旬~4月下旬

文京あじさいまつり(東京都文京区)

2017年6月上旬~2017年6月中旬

京都 三千院 あじさい

6月上旬~7月上旬
http://goo.gl/iAUFS6

他にも初詣や紅葉など季節のイベントに着物で出掛けてみるのも素敵ですよ。

  • 観劇

歌舞伎や日本舞踊、落語、能楽、ミュージカルなどの舞台を着物で行かれる方も多いです。
着物を着ると自然と背筋がピシッとするので、猫背になったり脚を組んだりしないので、
姿勢が原因の肩こりや腰痛が改善されますね。

こんな着物が普段着物に良いですね。

プレタ正絹の染め小紋と織りの袋帯です。
仕立て上がっているのですぐに着られます。
こちらは着物、帯とも新品です。
2点で108,000円ですよ。

プレタお着物と帯セット染小紋焼箔紬

着物で出掛けるとお得なこと

  • 人目を引くうえに信頼されます

洋服で目立つには、よほどのナイスバディを持っているか、
かなりお金を掛けたブランド物や奇抜なファッションでないとなかなか目立ちません。
その点着物は着ている人が少ないので着ているだけで目立つので、
人目を引くことが好きな人にはおすすめです。

その上、いきなり友達のご両親や親戚、会社関係の人とバッタリ会ってもイメージが良いです。
「今どき着物を着ているお嬢さん」と見られてなぜか信頼度が上がりますよ。

  • 人との会話が生まれます

日常的に着物を着ていることが周囲にわかると、
今まで親しくなる機会のなかった人と話す機会が増えますよ。
「結婚式に着物で出席したいけど何がいいの?」「浴衣に合わせるバッグを教えて」など
着物に関する質問がきっかけで自然と仲良くなり友達が増えることがありますね。

  • 女子力アップ

若い女性が着物を着ていると場が華やぎます。
40歳以上の場合は、年齢を重ねると体型が変わってきますが、
着物は気になる部分をカバーしてくれます。
しかも品が良くお洒落に見られますね。

さらに、腕を上げるときに袖から腕がニョキっと出ないように自然ともう片方の手でおさえたり、
大股で歩くことがなくなり物腰がやわらかくなるので女子力が高まりますよ。

  • 着物は暖かい

夏はクーラーが効き過ぎて寒いデパートやレストランがありますが、
着物は着物だけではなく長襦袢を着たり帯を巻いているので暖かいですよ。

タオルをウエスト部分に巻いていると、
お腹や腰が冷え過ぎて痛くなる…なんてこともありませんよ。

  • お得なサービスを受けられる

私の経験ですが、着物を着て行くと行く先々で声をかけられることが増えますね。
バスや電車では席を譲ってもらえたり、
カフェやレストランでは予約をしていないのにもかかわらず良い席に案内されることがありますよ。

他にも焼肉屋さんでもエプロンではなく割烹着が出てきたりと
他の人とは違うサービスを受けられたりしますね。

着物をよく着る友人達の経験ですが、
彼氏やご主人とのデートでは新鮮な気分になったり、
いつも以上に優しい扱いをされるそうです。
「普段よりもワンランク上のレストランに連れて行ってもらえた」との話も聞きましたよ。

  • 割引がある場所もある

演芸場や美術館など着物で行くと割引があってとってもお得です。

京都は着物でお出掛けすると色んな場所でお得な割引がありますよ。
京都きものパスポートを持っていくと、
寺院や美術館だけではなくレストランやカフェ、小売店でも割引やサービスなどの特典があります。
京都市内の約400軒が提携しています。

京都きものパスポート
http://kimono-passport.jp/

着物は高いから買えない

「着物は高いから」と思っていませんか?
たしかに成人式の着物や作家の一点物などは100万円以上はします。
楽天で売り出された人間国宝、久保田一竹氏の辻が浜 音(富士山)~夕立の後の富士 は3億でした。
そうなるともう美術品ですよね。

けれど最近はたんす屋さんなどのリサイクル着物ショップなら、
クリーニング済みのキレイな着物や帯がで数千円で買える時代です。
しかも、洋服のように「数年前の物は今どき着れない」ということもありません。

着物にも多少の流行はありますが、
洋服ほどではないので保管の仕方によっては3代は持ちますよ。

帯も格安で手に入るので合わせても洋服よりもお手頃価格です。
日常の生活に着物を取り入れてといつもと違う魅力を発揮してみてはいかがでしょうか。

今回は、「着物を着てどこに行くの?普段着を勧める理由は?」でした。

最後までお読みいただきありがとうございます。

あなたの着物ライフに少しでも手助けになれば嬉しいです。

それでは、私がお勧めする普段に着る着物をご紹介しますね。

新品の染め大島のプレタ着物です。

草履はこれで決まりですね。
菱屋 カレンブロッソ カフェ草履です。

 

それではまた!

2024年4月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930